2017年1月18日水曜日

私はスマホよりタブレットとガラホの組み合わせが便利だと思う。


最早、ラップトップPCと同等の性能を持つようになったスマートフォン。
それと同様に、手に入れられる情報量もラップトップPC並みになる筈だが、情報量は昔のままだ。
なぜなら、スマートフォンの画面サイズは昔と比べても、あまり変化が無いからだ。

ここで、みなさんに質問しますが、文庫本のサイズにも満たない画面サイズで、
莫大で複雑な情報を処理できると思いますか?
私は難しい事だと思います。

ガラケーの流れでスマホを購入している多くの人は、気付くべきだ。
スマートフォンは《小さな電話機》ではなく、《小さなPC》なのだと。

そして、あなたの目的、ライフスタイルに相応しいものなのかを考えるべきだ。


もし、あなたがSNS、ウェブブラウジング、ゲームを主な目的としているのなら、
iPadなどのB5サイズ大のタブレットをお薦めしたい。

そのサイズでの、ブラウジング、ゲーム体験はスマホでの体験を、軽く凌駕する。
もう、スマホには戻れないくらいに…

なかには、通話ができないから仕方なく。スマホを選ぶ人もいるだろう。
そこで、ガラケーだ。
タブレット、ガラケーでの運用であれば、問題はない。
使用料金も大きな違いはない。(詳しくは、ご利用の通信キャリアにお問い合わせください。)
二つのデバイスを持つことに、些か面倒臭さを感じなくはないが、この程度の問題は直ぐに慣れる。
と言うよりは、メリットの方に気づく。ガラケーがあると屋外でのゲーム・SNSをバッテリーを気にせずに十分に楽しめることが可能だからだ。

とは言っても、本当に素晴らしいかどうかを判断するのは、あなた自身です。

本当に、スマホがあなた自身の目的・ライフスタイルに相応しいものなのかを
考えて、より快適な日常を送ることを、私は願います。













0 件のコメント:

コメントを投稿